食農小話〜小話で食と農がもっと楽しくなる〜

食や農がもっと楽しくなるような小話を書きます!

農業の担い手の育成、確保について

こんにちは。

 

今の日本では、あらゆる業界が人手不足に

 

悩まされていますよね。

 

農業界も大変な人手不足状態が続いてます。

 

農地を管理する人手が足りなくなると、

 

そこは耕作放棄地として、野に還ることに

 

なってしまい、再び農地にするのは

 

大きな手間がかかってしまいます。

 

農業では、一旦やめた、のような事が

 

できないという条件がついています。

 

農地を守っていくために、あらゆる取り組みが

 

進められてきました。

 

例えば、大型の農業法人を建てて、

 

高齢等で辞めていく農家の土地を引き受けたり

 

ロボットトラクターと呼ばれる自動運転機能

 

のついた作業機械を用いたりしています。

 

しかし、北海道や東北では事例が増えていても

 

全国の中山間地域では、限界集落

 

年々増えている状況です。

 

やはり農業は地域に根差した家業という性質が

 

強いため、農家個々の子孫が引き継いでいく

 

ことが多いです。

 

先日の農業新聞に、その農家の子孫を

 

重点的に支援するように方針が示された

 

という記事が載りました。

農業新聞2020/07/14

https://www.agrinews.co.jp/p51343.html

 

私の仕事でもある普及指導員は、

 

国と都道府県による協同農業普及事業を

 

根拠に活動しています。

 

その事業が前回の見直しから5年を迎え、

 

今年また、見直しがされました。

 

担い手重視、という指針が強く出されました。

 

前段で書いた農家の子孫の後継者をはじめ、

 

新規参入者と呼ばれる初めて農家になる人材

 

の支援をしていくとのことです。

 

当然、これまでも支援を行なってきた所ですが

 

初めて農村に住む人、地域に馴染めない人は

 

やはり定着できずやめてしまう事があります。

 

せっかく農家になろうと地方に出てきた人が

 

馴染めずに去ってしまうのは残念な事です。

 

農業技術的なことばかりでなく、地域での

 

関わり方や、生活の方法など、包括的な

 

支援をしていきたいものです。