食農小話〜小話で食と農がもっと楽しくなる〜

食や農がもっと楽しくなるような小話を書きます!

自然災害と気候変動と農地について

こんにちは。

 

先日、熊本県を中心に九州で大雨による

 

被害が発生しました。

 

続けざまに、今度は岐阜県長野県に

 

大雨特別警報が出ています。

 

何十人もの方が亡くなるなど、

 

自然災害の恐ろしさは年々増している

 

ように思われます。

 

農業において、大雨や洪水が起きたときに

 

どのようなことが起こるかというと、

 

水田や畑に、土砂の流入や冠水による被害が

 

発生します。

 

また、大切な栄養分豊かな土壌が

 

流されてしまうこともあります。

 

農業新聞の熊本県に関する記事です

https://www.agrinews.co.jp/p51294.html

 

また、強風で木が折れたりすると、

 

道路が塞がってしまい、畑にたどり着けない

 

というようなことも起こります。

 

近年、200ミリ/日くらいの雨が

 

当然のように何度も降っています。

 

20年前と比べていかがでしょうか。

 

また、気温も高くなっています。

 

20度以上は夏日、25度以上は真夏日

 

30度以上は猛暑日とありますが、

 

以前まで35度以上を指す言葉は無かった

 

そうです。

 

近年、35度以上になるのが当たり前になり

 

酷暑日と呼ばれるようになりました。

 

反対に冬は東京でも大雪が降ったり

 

北海道で雪がとても少なくなったりします。

 

明らかに天気の乱高下が激しくなっています。

 

地球温暖化が加速していて、今後さらに、

 

局所的豪雨や干ばつが起こりやすくなる

 

と示されています。

 

農業は天候に大きく左右されます。

 

しかし、記録的な気象が頻繁に起こる

 

これからは、農業界にとって大変な試練の

 

連続になるでしょう。

 

まずは、今回の大雨被害にあった地域の

 

支援と復興を祈ります。

 

令和2年7月大雨災害への緊急災害支援募金
Yahoo!基金

https://donation.yahoo.co.jp/detail/1630044