食農小話〜小話で食と農がもっと楽しくなる〜

食や農がもっと楽しくなるような小話を書きます!

種子法廃止や種苗法改正について

こんにちは。

 

2年前に物議をかもした種子法廃止や

 

来年の改正を目指す種苗法について

 

https://www.agrinews.co.jp/p50475.html?page=2

 

種子法とは

主要農作物種子法といって

コメ、麦、大豆などの主食になる穀類の

種子生産に関わる法律です。

 

作物を栽培するために必要なものは様々あり、

 

種子はその中で最重要なひとつです。

 

コメ、麦、大豆などの穀類は生命維持に必要な

 

食糧として、国が一定の管理を行っていました。

 

種子の生産、そのタネの審査などは、

 

種子法を根拠として守られてきました。

 

その種子法は、2018.4.1に廃止されました。

 

理由としては、近年の都市と農村の対応を

 

一律で国が管理するのではなく、都道府県で

 

行うようにするためです。

 

この件に関しては、突然出てきたの廃止案と

 

驚くほど早い可決から、物議をかもしました。

 

種子を守る法律が無くなり、多国籍企業

 

種子市場を奪われるのでは無いか、

 

などの懸念がありました。

 

その後、各都道府県では、種子法に代わる

 

独自の都道府県条例を制定する事例が出ています。

 

今のところ、多国籍企業の進出は目立ちません。

 

コロナの影響で、グローバル化の波が滞っている

 

状況ですが、法律が変わった以上は、

 

少しずつ何かが変わっていくと思われます。

 

変化している、という事だけでも頭に残して

 

おいて欲しいですね。

 

さて、次に種苗法という法律の改正案が出ています。

 

https://www.maff.go.jp/j/shokusan/shubyoho.html

 

近年、日本で育成された品種が、海外に流出する

 

という事例が増えています。

 

たとえば、いちごのとちおとめや

 

シャインマスカットなどです。

 

 

ざっくりと言うと、ブランド価値の高い遺伝資源

 

の流出を抑えるために種苗法を改正しようと

 

しています。

 

農家の懸念としては、自分で育てた作物の種を

 

採っておく、自家採種が出来なくなるのでは?

 

という点があります。

 

農林水産省の回答では、その心配は無い、

 

これまでと大きくは変わらない、としています。

 

消費者の目線から見ると、日本で育成した品種

 

が海外でどんどん作られると、

 

日本産としてのブランド価値が下がり

 

国内での作付けが減ってしまいます。

 

そうすると、せっかく日本で育成した素晴らしい

 

美味しい食べ物の国産品を食べられなくなります。

 

和牛も遺伝資源が流出し、いまは海外でどんどん

 

売られているようです。

 

 

2つの法律では、農作物の生産現場、消費者

 

関係団体など多くの人が関わるものです。

 

ぜひ、これを機会に日本の美味しい農産物が

 

どのように管理されているか、守られているか

 

興味を持っていただければと思います。