食農小話〜小話で食と農がもっと楽しくなる〜

食や農がもっと楽しくなるような小話を書きます!

新型コロナによる輸出制限(小規模)と食糧時給力について

こんにちは。

 

新型コロナウイルスが止まりません。

 

あらゆる業種で仕事が停滞していますね。

 

農業新聞でこのようなニュースが出ました。

 

https://www.agrinews.co.jp/p50452.html

 

ロシアが小麦の輸出を制限

上限700万トン(前年実績720万トン)

 

などをはじめとして、各国が自国の食糧供給を

 

優先し始めたようです。

 

世界的な不作という訳ではないので、

 

食糧が枯渇する心配は無いとみていますが

 

世界の様相は大きく変化しそうです。

 

自国の食糧生産力もとい、食糧自給力が

 

ものをいう時代が来るかもしれません。

 

https://www.maff.go.jp/j/zyukyu/zikyu_ritu/pdf/26menu.pdf

 

食糧自給力とは、自国の農地すべてをカロリー

 

の多い作物(ここではさつまいも主体)の生産に

 

全振りした場合の供給カロリーを概算した

 

国の持つです。

 

トマトやレタス、キャベツなど、機能性は高いが

 

カロリーの少ない食べ物が多く、米以外の穀物

 

肉の生産が少ない日本でカロリーを摂取するには

 

さつまいもが適しているようです。

 

現状、日本で医療崩壊は起こっておらず

 

致死率も低く抑えていますが

 

イタリアやアメリカのように膨大な死者が

 

出てしまう危険もあります。

 

うつらないよう、うつさないように

 

気をつけていきましょう。